エジプシャンヒーリング

秘伝・イヤーコーニング

古代エジプトから始まり、インド、中国、チベット、マヤ、ネイティブアメリカンなど、世界の多くの文明で3千年以上前から伝承されている療法の一つだが、特別な地位の人だけが受けらる、いわば神官たちのアセンションツールとしてシャーマンたちがその秘儀を伝えてきたと言われている。

「内なる耳を開く」とされ、心・身体・魂の浄化のために、大切な儀式のときに使われていたもの。
脳内のデトックスを促し、松果体をクリアにし活性化することで、幸せホルモンや若返りホルモンの分泌も促すだけでなく、覚醒・アセンションを加速させていき、高次とのつながりを強化する。

能覚醒エジプシャンヒーリング

 

エジプシャンオイルと脳マッサージ、イヤーコーニングを基本に、イシス・オシリスペンデュラムや、イシス、またはセラピス・ベイ、ホルスのヒーリングをしていきます。

一人一人にあったエネルギーヒーリングをエジプトのマスターたちと共に共同創造して、最善のヒーリングをお届けします。
また、松果体や、右脳と左脳の結合部の活性化もしていきます。
このヒーリングは肉体やライトボディを整え得ることはもとより、必要な気づき、叡智のダウンロードを促すことにアプローチした、覚醒・アセンションを目的とした全能ヒーリングです。



エジプシャンオイル

4500年の歴史を持つエジプシャンオイルは、香水やアロマオイルなど、現代の代表的な香りアイテムの、起源的存在です。

 

香りの効能がとても重要視されていた古代エジプト。クレオパトラは花を植物油に漬け込んだ香油を愛用し、ファラオや神官は儀式などで、邪気払いやオーラ調整のために香油を活用していました。
香油の製法は今に伝えられ、ハイブランドな香水の原料にも使用されています。時には秘伝となる無数のレシピは、限られたファミリーの間で大切に継承されてきました。長い歴史と計り知れないパワーを秘めたエジプシャンオイルは、単なるフレグランスの域を超えた神聖なもの。香りを愛する人ならいずれ辿り着くことになる、原点にして最先端の存在なのです。

このエジプシャンオイルを使った瞑想やワークをご案内していきます。